本文へスキップ

ショーチクは発電機や溶接機、コンプレッサなどの産業機械と用途に応じたオイル・グリースを販売しています。またモータースポーツで着用するレーシングスーツへのワッペン付けもしています。

TEL. 076-268-7177

〒920-0348 石川県金沢市松村7丁目100−16

レーシングスーツのワッペン付け業務 BADGE TO AFFIX SERVICE

サービス一覧

レーシングスーツにかっこよくロゴワッペンを付けてみませんか!!


We Love Motor Sports モータースポーツ応援隊

オリンピックやワールドカップで100分の1秒を争うスキーダウンヒルで世界各国のナショナルチームにウエアーを提供しているデサントの専属工場として培ってきた技術をモータースポーツのレーシングスーツのワッペン付けに生かしています。

このワッペン付けは、モータースポーツにおいて、熱と火炎から安全にドライバーを守るレーシングスーツには FIA(国際自動車連盟)の厳しい基準・規格(耐火性)に沿ったワッペン付けをクリアーしなければなりません。

当社はその FIA規格8856-2000 において ISO15025 規格を満たすノーメックス繊維やアラミド糸等を使用してワッペン付け縫製を行っております。
(2007年12月にJAF(日本自動車連盟)を通じて FIA にワッペン取り付け基準を確認のもと、ワッペンの取り付けを行っております。)

1着から承りますので、ご連絡いただけましたらお見積りさせていただきます。

ワッペンの取付方法について(FIA国際モータースポーツ競技規則)
ワッペン取付方法について 国際モータースポーツ競技規則 
     


ノーメックス繊維の燃焼テストおよびワッペン縫い付け作業


ノーメックス生地(裏貼り生地)燃焼テスト1
ワッペンとレーシングスーツの間にはさむ耐火性生地(ノーメックス繊維)を燃やしてみる。










ノーメックス生地(裏貼り生地)燃焼テスト2
燃焼テスト後の耐火性生地(ノーメックス繊維)は 少し縮む程度で変色はするが、破れない。










ノーメックス生地(裏貼り生地)燃焼テスト3
耐火性生地(ノーメックス繊維)をワッペンとレーシ ングスーツの間にはさんで縫い付けます。










ノーメックス生地(裏貼り生地)燃焼テスト4
ミシンによるワッペン付け作業











ワッペン付の作業料金は「ご注文/ショップ案内」コーナーをご覧くださ。 


バナースペース


ブログ「趣味が高じて…」はこちら
My Hobby 写真加工のデジフォトクリニックはこちら

株式会社 ショーチク

〒920-0348
石川県金沢市松村7丁目100-16
TEL 076-268-7177

https://www.sho-chiku.com/
    株式会社 ショーチク HPはこちら